あんた、今晩の夕食はどーすんの!?

と、キャサリンは私に聞いた。

結婚してからキャサリンと私の距離はぐっと近くなった。
キャサリンは先輩主婦だ。
新米の私が気になるのか、毎日あれこれと世話を焼いてくれる。
(しかも、仕事中に(==))

実際、今年最初の彼女からの質問は、
「あんた、旦那は喪服をちゃんと持ってる!?」
であった。

彼女いわく、
「妻の最初の役割はね、まず、喪服をそろえることだよ。
 こればっかりはね、タイミングを選ぶもんじゃないからね。
 葬儀は急に連絡が来るんだから。」
という。

頷く私に、
「あのさ、あたしたち、今年は主婦キャラで行こうよ!あんたは新妻!!
いいねー! ニ・イ・ズ・マ! 」
と、はじける。

「スパムメールにもさ、よく書いてあるよね。新妻のナントカってね。
 ああ、新妻っていうのは、なんだか特別な響きがあるよねえ~!」
 (※身をよじるキャサリン)

あんまりからかうので、キャサリンも新妻だった時期があるでしょ、と切り返したら、

「あたしかい?あたしはもうとっくにその時期は過ぎたよ。
 新妻っていうのは、そうだねえ、2~3年かな。ま、当分は新妻キャラに走りな!」
と言う。

そして、今日は今晩の献立を聞いてきた。

「まだ決めていないです。彼、午前様が続いてます。」
と言ったら、

目をまんまるにした。

「あんた、それはイイねえ!! ”亭主元気で留守がいい”は本当だよ!
 あたしなんか毎晩作ってる。しかし、あれかね?新婚さんには、
 それはかわいそうなことかねえ・・・?」

「じゃさ、今晩は、湯豆腐にしなよ。
 お鍋の真ん中にお豆腐を置いて、隣に白菜をちょっと置けばいい。
 あとはポン酢で食べるの。ね?そうしな!それで、きーまり!」

tofu.jpg
今晩は、湯豆腐にしよう。素直にそう思う私であった。