月別アーカイブ: 2013年1月

手づかみ食べ

この子の月齢的に大事な手づかみ食べ。

卵と人参と胡瓜とじゃが芋のサンドイッチにイチゴとリンゴ、ブルーベリーは初挑戦。

駆け抜ける子育て

   *    *     *

子供は可愛いけれど、毎日ものすごく忙しい。

それで、この忙しさの中で、何が最も辛いかと言うと、私の場合は、自分の時間がまったくない、ということだった。

色んなお母さんを見て、気づかされたことは「自分の時間がまったくないことを苦と思う人と思わない人がいる」ことで。ある。当たり前なnだが女性の対ぴう
あいお母さん戸おsあ
肉体だけがダメージを受けるなら、まだ良いのだが、さらに辛かったことは、この育児に伴う新米ママのモヤモヤ感の処理が一番キツくて、毎日色んなことを考えたり、思ったりしては、一人でうーうー、唸っていた。

自分はどうして色んなことを考えるのだろうか?
周りにいるママはどうして楽しそうに子育てしているのだろうか?
いや、私もきっと傍からみたら楽しそうに育児しているママに見えるよね!?

など、

モヤモヤの正体を一生懸命探ろうとしていたのだけど、いかんせん、思考をまとめる時間も殆どないものだから、今のところ、まだその答えは良く分かっていない。

だけれども、たぶん、きっと、このモヤモヤ感っていうのは、「孤独」を感じたところにあるのではなかろうか、と思う。

クテを負担我慢できるが、労働だけ肉体的にdstsにこtrhくて、

子育ては不思議である。
このうえなく幸せだと思わせてくれる一面がある一方で、そうでない感情が湧きあがってくることもある。特に、私の場合、いまになって分かったことだが、べべの夜泣きが1~2時間おきだったので、自分の時間が全くない、ということが、ものすごく辛かった。

ぐらいに思っていたが、やはり神様はギリギリのところで救いの手を差し伸べてくださるもので、実家の母親が面倒を見てくれるようになったのが一週間ほど前。